今後起業を望む歯医者が学ぶべきこととは

これで歯医者開業の準備はOK?開業までのステップ

>

開業資金の相場と資金調達

一般的な歯医者を開業する場合の費用

通常の企業ではなく、医療行為を行う医療機関は必要な機材がいくつもあります。歯医者も医療機関なので、一般企業に比べると開業資金が高額で挫折するハードルになりやすいと言われています。歯医者開業の資金は約5000万円で、立地場所や開業するタイプによっても違います。最近の医療器具を導入する場合は7000万円程度かかるケースも珍しくありません。

ちなみに医療機関を開業するにあたって、一番費用がかからないのが精神科で約500万円ほどです。精神科はカウンセリングがメインになる事と、都会での需要がある為テナントに入ればすぐに開業出来ます。

反対に高額になるのが眼科です。眼科は精密機器を多く導入する必要があるので1億円ほど必要です。

資金調達方法を知る

全て自己資金として調達するのも悪くありませんが、医療機関は高額になるので調達するだけで時間がかかってしまいます。よって多くの方は資金調達を行い、開業しています。ポピュラーな資金調達方法といえば借入・融資です。

前者は政府や民間で提供しているサービスなのでハードルが低く、後者の融資に比べると審査がゆるいです。しかし金利がやや高く、負債として残ってしまうので利用する場合は計画的に申込しなければなりません。

融資は政府・自治体が提供しているのがポピュラーで借入の様に返済が必要無く、負債にならないのが一番のメリットです。しかし誰でも融資を受けられる分けでは無く厳しい審査が必要です。また融資額も事業によって大きく違います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る