今後起業を望む歯医者が学ぶべきこととは

これで歯医者開業の準備はOK?開業までのステップ

>

歯医者を開業する際の注意点

失敗する要因を探る

せっかく歯医者を開業したのにすぐに廃業した。そうならない為にも失敗する要因を分析し、経営に活かす努力をしましょう。開業するにあたって開業地を決めるのが最初のステップですが、その際にリサーチをせず土地代や賃料だけで決めるのはNGです。

人口や昼・夜間の比率、住民の構成を知った上でアプローチをしなければ意味がありません。子供がいない地域で小児歯科専門院を開業しても意味がない様に、ニーズにマッチさせなければなりません。

そしてもう一つ大切なのが一緒に働くスタッフや歯科衛生士を集める事が出来ず、患者を診る事が出来ないケースです。募集をしても中々集まらない時は労働環境や提示されている条件を見直す必要があります。

成功させるには何が必要?

では歯医者を開業し、成功に導くには何をすればよいのでしょうか。コレで一気に解決するという魔法の手段はなく、コツコツを積み上げていく事が一番の秘訣です。

歯医者は新規患者を増やさないと利益につながらないので、差別化を図る必要があります。近隣の歯医者と違う診療科目を導入する、または営業時間など患者に「ここへ通いたい」と思わせる必要があります。待ち時間短縮の為にデジタルカルテを使う。ネット問診も差別化の手段です。

長く通ってくれるリピーターを得るには患者との信頼関係が大切になります。話を聞き入れる。出来るだけ患者に寄り添った対応をする。これらを徹底して行えば患者も安心してリピーターになる、あるいは口コミで情報を拡散してくれます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る